国語ってそもそもどんな勉強?

母国語を十分に身に着けるための「語学力を培う勉強」です。しかし国語とはそれだけの面にとどまらず母国語でものごとを考える力を身に着ける勉強でもあります。これから勉強する教科すべてに応用される領域なので、ここができるかどうかが勉強自体の理解力の高さを左右するものだといえます。

国語を学ぶ

勉学

国語ができる条件とはなにか

中学受験の必須科目の国語ができるのはいくつかのアプローチが重要です。ではどんな子どもが国語力のある子どもなのでしょうか?国語ができる子にはある特徴があります。そこをしっかりと理解することで子供も成長を助けることができます。ぜひ実践して国語力を高められるように工夫してみしょう。

子どもの国語力は親からの影響が高い

勉強にも必要とされる国語力は日常生活で養われる領域です。子どもが身近な言葉として参考にしているのは「両親の言葉づかい」、子どものお手本になるようにまずは親御さんの語学能力を見つめなおしてみましょう。きちんとした正しい言葉に触れていれば子どもの国語力も自然と高まります。

本を一人で読ませよう

子どもの小さい頃は何かと読み聞かせをする機会が多いものです。しかしここで一人で読ませるよう努力させることで国語力を養うことができます。ここでも親が実際に読書している光景を見せることで、子どもが自発的に読書をするきっかけになります。国語力を磨くにはじっくりと精読させることが重要なのでそのような雰囲気作りにも気を配りましょう。

広告募集中