せっかくわかっているのにケアレスミスはもったいない

ケアレスミスは減らすことができても0にすることは難しいといわれています。「人間はミスをするもの」というのが大原則的な考えですがせっかく理解していても得点につながらないのはもったいですよね。次の点について意識することでケアレスミスを減らすように工夫してみましょう。

ミスを減らして得点アップ

教材

どこをミスをしてるのか知ろう

中学受験の入試テストの得点アップにはミスの分析が効果的です。どんな問題の形式だと間違えやすいのか、ミスの傾向をしっかり理解しておきましょう。常に言い聞かせることで子どもはミスしにくくなります。

ミスの内容をしっかり分析

また模擬試験の分析表を活用するようにすると効果的です。正答率という項目なら問題形式ごとのミスの比率がわかりやすいので間違えやすい問題形式をあぶりだすことができます。子どもにもきちんと認識させることが大切です。一通り問題傾向が判別したらケアレスミス用の問題集を作ってみてください。解く頻度を増やすことでケアレスミスをしないように意識的に練習することができます。

ケアレスミス以外のミスをふるいにかける

ケアレスミスは不注意によるものだけではなく、問題への根本的な理解不足の場合も大いに考えられます。学習塾などでも生徒の理解度を十分に把握ができていない場合があります。あまりにも簡単な計算ミスなどが目立つようなら改めて、お子さんの理解度チェックをしてみましょう。

広告募集中